« 十分予測できたことだけれど・・・。 | トップページ | 宿の朝食といろは草庵。 »

魯山人と山中漆器。


月刊誌の取材で加賀へ。今年初めての石川入りは、映画の仕事ではなく広告の仕事で、しかも金沢や能登ではなく、いままで一度も訪れたことのない加賀。


Img_1869_2


夜明け前に大阪を出て、9時半に到着。午前中は山代温泉界隈で、この地に滞在していた魯山人の跡を追う。事前にアポもなく飛び入りのお願いなのに、どの方もどの店も笑顔で許可してくれる。本当に人がやさしい土地なのです。


Img_1917

午後は山中温泉界隈へいって山中漆器について取材。この道50年にもなる木地師の方の言葉と仕事への姿勢が深くて、ただただ感動。己の姿勢を問い直し、姿勢を直す。楽しい取材は多いけれど、来てためになったと思う取材はめったにない。この機会をつくってくれたすべての人に感謝です。


Img_1932


夜明け前の雨は朝にはやみ、午後には陽射しも漏れた。夕暮れは一瞬だけ夕映えが広がり、遠く白山も白く微笑んでいるようでした。


Img_1936


|

« 十分予測できたことだけれど・・・。 | トップページ | 宿の朝食といろは草庵。 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魯山人と山中漆器。:

« 十分予測できたことだけれど・・・。 | トップページ | 宿の朝食といろは草庵。 »