« 輪島の名民宿「深三」。 | トップページ | 城崎にて。 »

初めての漆器。


映画の仕事で能登へ訪れるたび、ずっと気になっていたのが輪島塗の器。「深三」に泊まるたびに、テーブルにならぶ器を手にとっていいもんだなぁと憧れていた。正直、何度も欲しいと思ったけれど、なかなか踏み切れなかったのは、値段もさることながら、どの店で買えばいいのかとか、誰の器を買ったらいいのか、器そのものよりも周辺の情報を気にしていたからだった。つまり真底、その器が欲しかったわけではなかったのだ。


しかし今回、輪島へ行って、朝市の帰り、ふらりと立ち寄ったお店でこの器を手にとったとき、無性に欲しくなったのだ。ひとことでいえば手にすっとフィットしたのだった。こんなことはいままでに一度もなかった。これもひとつの出会いに違いない。もちろん買い求めた。はじめての漆器。「長井均さんの作品です」と店の方は教えてくださった。

Img_3318


Img_3318_2


輪島の漆器は、日々使いにしてこそ価値がでると聞いた。これを機に皿や椀や匙などをひとつひとつ買いそろえていこうと思った。

|

« 輪島の名民宿「深三」。 | トップページ | 城崎にて。 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての漆器。:

« 輪島の名民宿「深三」。 | トップページ | 城崎にて。 »