« 横好き落語会2。 | トップページ | 路地裏カレー。 »

児童文学を守ろう!


お仕事をご一緒させていただいているコピーライターの先輩が、とても素晴らしい活動をされているので、ご紹介しようと思います。もう、有能コピーライターだけにお知らせメールそのものが素晴らしい。全文転載します。ぜひ、ご協力ください。
 
 
 
【お知らせ】

お世話になっている方も、ごぶさたしている方も、こんにちは。田中有史です。メールをやりとりさせていただいている方や、名刺を交換させていただいた方にお送りしております。ご迷惑かもしれませんが、お許しください。


縁あって、「大阪府立国際児童文学館」の存続と、現在の収集/研究活動の継続を考えるプロジェクトに、関わっております。


ご存知の方も多いと思いますが、来春での廃館および大阪府立中央図書館(東大阪市)への資料移設が決まっております。当館には70万冊を超える貴重な児童文学に関する資料が保管されています。移設により、それらが散逸することや、今後収集・研究活動が継続されなくなる可能性があることなどが危惧されています。また、本当に移設が財政的にメリットがあるのかも、マスコミなどで論じられています。


いままで、ほとんど広報/広告的なことを実施してこなかったため、この問題が浮きぼりになるまで、存在すら知られていなかったのも事実です。それはおもに府の責任だと思うのですが、それを棚にあげて、一般府民の役に立っていないと廃止に追い込むのは、いかがなものかと思うのです。実際、一般に閲覧させることで貴重な資料がボロボロになってしまっては、なんの意味もありません。それよりも、もっと別の形で府民に役立っていける方法があるはずです。いまさらながら、施設をもっと知ってもらい、見学にきていただく必要があります。また、そうしていくことで、そんな素晴らしい資料と施設が大阪にあるという誇りを、府民も持つことができると思うのです。


吹田市にキャンパスのある大学の教授が中心になって、活動をはじめたばかりのプロジェクトです。お知り合いの大学教授方や作家の方々などがメンバーです。(HPに名前の出ている以外の方もいらっしゃいます。)私はそこで、おもにコミュニケーションのお手伝いや、貴重な資料の有効活用と資産的価値をあげるためのアイデア出しに寄与しています。


マーク(友人であるAD佐古田英一氏の協力)、ステイトメント、HP(友人であるOPS溝口氏の協力)、パンフレット(佐古田英一氏のオフィスRec2nd協力)などをすでに具現化しています。


今回、そのHPをご紹介します。下記うちのオフィスのHP下部にあるバナーよりアクセスできます。
田中有史オフィス


ご興味を持っていただいた方は、ぜひ、いちどご覧ください。そして、よろしければ、HPからメッセージをいただけるようになっておりますので、ぜひお寄せください。集まりましたメッセージは、HPで公開させていただく予定です。また、ご協力いただけるようでしたら、個人や事務所で開設されているHPやブログに、ぜひとも、バナーを貼付けてください。友人/知人の「バナーの輪」を広げていただくと、非常にうれしく思います。活動の輪も広がります。

最後に、ぶしつけなお願いですが、活動資金のためにHP上で「ご寄付」もお願いしております。
ご協力のほど、なにとぞ、よろしくお願い致します。

では。
田中有史


(参考)

大阪府立国際児童文学館

大阪府立国際児童文学館・大阪府財政再建プログラムに関するお知らせ

ブログ「有爺のご意見箱」〜大阪国際児童文学館(その1)

ブログ「有爺のご意見箱」〜大阪国際児童文学館(ブログ上体験)

|

« 横好き落語会2。 | トップページ | 路地裏カレー。 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童文学を守ろう!:

« 横好き落語会2。 | トップページ | 路地裏カレー。 »