« 拡散希望 | トップページ | 希望よ、届け! »

悲しみの中からの一歩を。


この度の地震により、被害にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
降りしきる雪のように、深い悲しみが私の心のかかにつもりづつける毎日です。

被災地から遠く離れた大阪にいても、仕事やプロジェクトが延期になり、中止になることが多発している。それは仕方ないことですが、何もかもを自粛する必要はないと思う。いまは悲しみにくれているけれど、復興へ向けて取り組みの先陣を切るのが被害のすくない地にいる人の役目だと思う。

だけど、だからといってそれを震災特需といって営業会議をしている人には違和感を覚える。

いま、企業活動よりも、社員や家族の安否、ライフラインの復旧に精一杯の人たちのために、仕事やプロジェクトを、いざ、動かそうという段になればいつでも動かせる状況に整えておくのが、被害の少ない地にいる私たちにできる支援のひとつではないだろうか。

|

« 拡散希望 | トップページ | 希望よ、届け! »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの中からの一歩を。:

« 拡散希望 | トップページ | 希望よ、届け! »