« 仮名手本忠臣蔵 | トップページ | 大阪マラソン。 »

富士山。


その昔、二つとない山と書いて不二山と表記していたが、鎌倉時代に武士が富むようにと富士山に改められたという

 
ぼくは富士山が大好きで、見ると心がときめく。けれどぼくは決して富士山に好かれている方の人ではなくて、(人には富士山に好かれる人と嫌われている人がいるという)、2度ほど、富士山をテーマにした取材にでかけたが、どちらも雨か曇りで富士山は顔をだしてくれなかった。見るのはいつも飛行機からか、新幹線から。
 
冬の空気が澄んだ日、東京へいくと、ちょっとした高台のひょんなところから富士山が見えることがあって、そんなときはドキリとする。モノレールからの富士山もきれいだ。
 
いつかは登りたいなぁ。だって冬の富士は見るもの。夏の富士は登るものといわれているもの。
 
Img_0079 Img_2007 P1030190 P1020284 Img_2372 Img_1782

|

« 仮名手本忠臣蔵 | トップページ | 大阪マラソン。 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山。:

« 仮名手本忠臣蔵 | トップページ | 大阪マラソン。 »