« 福島区のイタリアン。  | トップページ | 新感染 ファイナルエキスプレス »

ソールライター写真展。 

 

渋谷のBUNKAMUR ザ・ミュージアムで開催中の「ソールライター写真展」。大胆な構図と色彩感覚、温かさとユーモアー。ニューヨークを舞台にした作品の数々はまるで一枚の唄のようであり、一枚の短編小説のよう。

これまで本でしか見たことがなかったので、プリントは初めて。伝わるものが違いますね。

また、ことばがかっこいい。

雨粒につつまれた窓の方が私にとっては有名人の写真より面白い。

取るに足らない存在でいることには計り知れない利点がある。

人間の背中は正面よりも私に多くのものを語ってくれる。

神秘的なことは馴染み深い所で起こると思っている。世界の裏側までいく必要はない。

見方とは生き方です。この写真家の作品がかっこいいのは、生き方がかっこいいからなのですね。

18555859_1547138141992634_450800877

|

« 福島区のイタリアン。  | トップページ | 新感染 ファイナルエキスプレス »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソールライター写真展。 :

« 福島区のイタリアン。  | トップページ | 新感染 ファイナルエキスプレス »