能登の花ヨメ

満員御礼!本当にありがとう!!

Img_1566


12月6日、待望の関西初日。朝10時の神戸・シネカノン神戸での舞台挨拶を皮切りに、大阪・第七藝術劇場、京都・京都シネマと続いた舞台挨拶は、おかげさまでどの会場もたくさんご来場いただき盛況でした。

特に大阪は定員越えるご来場。補助椅子を出すほどの大入りの上、聞くところによると映画が終わりエンドロールも最後まで流れ、照明がつくまで誰一人たつ人がなかったそう。神戸では終了後拍手が起こったとか。ありがたい話しです。本当にありがとうございます。


下の画像は舞台挨拶前日のもの。京都FMラジオ生出演の終了後、大阪へもどる新幹線の中。短い時間だから自由席で行こうということになるものの、喫煙席の煙があまりにすごくて、そこを通過して喫煙席へ向かうより立って行こうと決めた一行。まさか女優が新幹線の連結部分で立っているなんて。通過した人にはけっこうサプライズだったようです。

Img_1562


大阪に戻ってからの食事は、南森町の絶品四川料理店「福龍園」。ここのマスターは4月から映画のポスターを店にはってくださっていた。でてくる料理のどれもすばらしくみなさんご満悦。画像はブログ用に四川麻婆豆腐を撮影する田中さん。この3日間、本当にお疲れ様でした。


Img_1563


| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西プロモーション。


Img_1547


関西初日を前にして、木曜日と金曜日は「能登の花ヨメ」のプロモーションday。両日とも朝から晩まで、新聞、雑誌、web、テレビ、ラジオの取材がびっしり。ハードスケジュールを笑顔で乗り越えた田中美里さんと白羽監督、お疲れ様でした。いよいよ明日は関西地区の初日。舞台挨拶です。

Img_1561


| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の花ヨメ、舞台挨拶決定!

いよいよ『能登の花ヨメ』の関西上映が間近に迫り、待望の舞台挨拶のスケジュールも固まりました。


映画の初日は、人間でいう誕生日にあたります。関西の初日 12月6日は、関西での誕生日。記念すべき日です。 ぜひ、お越しください。

● ● ●

12月6日(土)
舞台挨拶出演者=田中美里、白羽弥仁監督
シネカノン神戸 10:00の回上映開始前
第七藝術劇場 12:35の回上映開始前
京都シネマ 14:50の回上映終了後
        17:05の回上映開始前


12月9日(火)
舞台挨拶出演者=松尾貴史、白羽弥仁監督
第七藝術劇場 18:50の回上映開始前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、ヒロリン様&アッシー様!


Img_1515


映画『能登の花ヨメ』は、本当に人と人がつながっていい方向へ成長していく仕事だと思う。


大阪での試写会でのこと。岩崎宏美さんと芦沢アナウンサーが番組をしていたことを監督が思いだして、ちょうど試写に来られていた乾龍介さんに強引に頼み込んで芦沢さんをご紹介いただいて、翌日の夜にラジオで映画の宣伝をしてくださいと直談判した。すると芦沢さんは、岩崎さんが主題歌を歌っている映画だからできることは何でもするとおっしゃってくれた。岩崎さんサイドにもお願いすると、こちらもできることは何でもしますとうれしいお返事。ちょうど映画公開前に岩崎さんが大阪で何回かコンサートするとわかり、番組にでてもらえたらいいなぁと思っていた。すると芦沢さんサイドが動いてくださって岩崎さんのゲスト出演が決まった!


ありがたいなと思う。岩崎さんも芦沢さんもなんとか実現してやろうという前向きのお気持ちが何よりうれしいなぁ。そんな人の気持ちがつながってこの映画は実現し、そして成長している。本当にありがたい。ありがとうございます。映画公開が目前にせまり、プロモーションや舞台挨拶の内容もほぼ決まりつつある。決まり次第発表しますので、お楽しみに。


つながりといえば、芦沢さんとは同じ年の62年生まれ。岩崎さんとは誕生日が同じ。このつながり・・・、関係ないか。


で、ここでお知らせ。


岩崎さんのゲスト出演の放送は
11月28日、午後4時くらいに
ABCラジオ
「元気いちばん 芦沢誠です」
詳しくは、こちらを。


岩崎宏美さんのアコースティックコンサート

11月22日(土)
大東市文化ホール 大阪府
【時間】開場18:00/開演18:30
【会館】072-873-0810

11月24日(月)
河内長野ラブリーホール 大阪府
【時間】開場16:00/開演16:30
【会館】0721-56-6100

11月29日(土)
高槻現代劇場 大阪府
【時間】開場17:00/開演17:30
【会館】072-671-9999

11月30日(日)
奈良市都祁交流センター 奈良県
【時間】開場17:30/開演18:00
【会館】0743-82-2112

詳しくは、こちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・京都・神戸上映日発表!


映画『能登の花ヨメ』の大阪・京都・神戸の上映日がやっと発表になりました。


12月6日から
大阪は、第七藝術劇場、
京都は、京都シネマ、
神戸は、シネカノン神戸。


今月、9月27日からは、名古屋、岐阜、富山で公開がはじまります。10月から11月にかけては、栃木、静岡、札幌、沖縄、山梨で公開。そして12月になると関西方面での公開です。お近くのみなさん、 ぜひ、ご覧ください。よろしくお願いいたします!!


詳しくはこちらをご覧ください。 → 能登の花ヨメ公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観てから読むか。読んでから観るか。


Img_1189


今日、東京のMプロデューサーから小説『能登の花ヨメ』がおくられてきた。脚本家・国井桂さんがオリジナルで書き下ろした映画の脚本を、本人みずからノベライズした渾身の1冊。国井さんのノベライズは『夕凪の街 桜の国』以来2度目ということになる。


映画『能登の花ヨメ』は東京では上映されているけれど、その他の地域ではこれからとなる。その昔はやった角川映画のキャッチフレーズではないけれど、観てから読むもよし、読んでから観るもよし。お求めは、こちらから。
小説『能登の花ヨメ』


そうそう。待望の関西地区の上映がほぼ決まりました。正式発表はまもなく。ご期待ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

名古屋で、PR!


Img_1154

8時に名古屋に集合。
9月27日に初日を迎える
中部地区のプロモーションに同行する。

まずはNHKへ。
打ち合わせ、リハーサルのあと、
「さらさらサラダ」の本番。

終了後、市内のホテルへ移動。
名古屋名物「鰻櫃まぶし」をいただく。

Img_1158

午後からはホテルの部屋を3部屋使って
怒濤の取材ラッシュ。


Img_1161

テレビが4本、ラジオが1本、
新聞が2紙。
最後に共同取材を行って終了。

どの取材にも、どんな質問にも
ほほえみをたやさずに答える田中さんに
思わず感動する。お疲れ様でした。

中部地区の上映は、9月27日からです。
ぜひ、ご覧ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しくて、うれしい一日。


田中美里さん一行といっしょに、
土曜日、8時に関西テレビへ。
「虹いろじーん」の収録に立ち会わせてもらう。

生ベッキーを初めてみる。
かわいい〜〜。

最後にきっちり映画の宣伝をしてもらって終了。

そのままいっしょに伊丹空港へ。
11時30分のJALで東京へ行く。

空港へ迎えにきてくれた
配給会社の車にのって川崎へ。

今日は映画『能登の花ヨメ』の
川崎と千葉での初日なのだ。

川崎で監督とMプロデューサーと合流。

Img_1115


ぴあの満足度ランキングの効果か、
今朝の田中さんの番宣効果か、
川崎の上映は満員音連、
補助席をだしての札止めだった。

Img_1116


知り合いの方で
観ることができない人が何人かいて
大雨のなか、わざわざ出かけてもらったのに
本当に申し訳ありません。
でもどっかで必ず観てね。

雨の中、一行は一路、千葉へ。

千葉のお客様もとても熱く
舞台挨拶後、
田中さんと監督は握手攻めに。

劇場の方にご挨拶をして、
7時過ぎにすべてが終了。

8時過ぎの新幹線に飛び乗って帰阪。
とっても忙しかったけれど、
うれしいことがたくさんあった一日だった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の花ヨメ、満足度第2位!


雑誌の『ぴあ(首都圏版)』は、
毎週、新作映画公開初日に、
映画を見終わった人に、ランダムに、
出口調査を行っています。

それをぴあが独自に集計して
発表するのが「ぴあ映画満足度ランキング」
ぴあオリジナルのランキングで、
専門家の評価ではなく、
観客の生の声が聞こえる貴重な調査です。

22日公開の映画全12作の中で
「セックス・アンド・ザ・シティ」についで
「能登の花ヨメ」は第2位にランクイン!

邦画では、
「ラストゲーム 最後の早慶戦」
「落語娘」
「デトロイト・メタル・シティ」
を抜いて、ダントツの1位です。

宣伝費に多大な予算を割くことができない
私たちにとって、口コミだけが命。
とてもありがたい結果だと
喜んでいます。

みなさん、ありがとうございました。
http://www.pia.co.jp/cinema/ranking.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登の花ヨメ、東京初日。


Img_1051_2


初日は、映画の誕生日です。
司会者がそう言ってはじまった東京初日。

銀座と新宿と横浜で舞台挨拶がありました。

久しぶりの桂子師匠も元気いっぱい。
数々の舞台にたったけれど、
長い人生の中で、映画の舞台挨拶は初めてだそうで、
挨拶の中でその感謝を何度も口にされる。

会場には知り合いの方も
多数お越しいただいて、ありがとうございました。

これまで映画は最後の
エンディングロールにでてくるみんなで
作ってきたと思ってきたけれど、
昨日の初日の会場をみて、思いを改めました。

観てくださるお客さんも
能登の花ヨメという映画を大きく育てていく
いっしょのメンバー、仲間なんですね。

ご覧いただいた方、
本当にありがとうございました。

まだという方は、ぜひお早いうちに。
よろしくお願いいたします。

横浜からの帰り、Mプロデューサーと新宿で降りて、
思い出横町(旧しょんべん横町)という
風情ある路地の1軒で、うなぎをつまみにビール。

Img_1055

すると電話があって、
桂子師匠が食事に呼んでくださるとのこと。
ビール2本で切り上げて、浅草へ。

浅草の卯月というお店で、
芸のことや桂子師匠のこれまでの人生を
うかがいながらくじらとかお刺身とかいただく。


Img_1059

桂子師匠、ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)